自閉症の原因の新説を提示し、治療方法を明らかにします。

現代医学では、自閉症の診断は、おおむね症状で決まります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録

 

【このページの要約】

 

自閉症の診断

自閉症の診断の根拠を明確にしておきます。

病院の医師が行なう自閉症の診断は、ICD-10(WHOの「精神および行動の障害」)、または、DSM-Ⅳ-TR(アメリカ精神医学会の「精神疾患の分類と診断の手引き」)で行なわれます。

「自閉症の分類」「F84 広汎性発達障害」「F84.0 小児自閉症の診断ガイドライン」は、日本で最近使用されるICD-10で記載しました。

これらを読むと、原因は、ほとんど述べられず、症状のみで診断されていることが分かります。後出しじゃんけんのように、治ったら、「自閉症じゃなかった」は論外なことが分かります。

原因に関して、唯一、「F84 広汎性発達障害」の項で、少し触れられていますが、その文章のあとにすぐ、「しかしながら,この障害は合併する医学的な病態のあるなしにかかわらず,行動的特徴に基づいて診断すべきである.」と書かれています。「F84 広汎性発達障害」で記載していますが、下記のその部分のみ抜粋します。

“一部の症例では障害は,いくつかの医学的な病態に伴っているか,あるいは原因となっているようで,そのうちでは乳幼児けいれん,胎児性風疹,結節性硬化症,脳リピドーシス,脆弱X染色体異常が最もふつうであるしかしながら,この障害は合併する医学的な病態のあるなしにかかわらず,行動的特徴に基づいて診断すべきである.

 

 

 

 

自閉症の分類

自閉症は精神障害の中に分類されます。大きな章の「F8 心理的発達の障害」のなかの「F84 広汎性発達障害」に該当します。そのなかに、細かく分類されています。

なお、下記の表は、自閉症以外の発達障害の位置づけが分かるように関連する項目まで記載しました。

 

F84 広汎性発達障害

F84 広汎性発達障害

相互的な社会関係とコミュニケーションのパターンにおける質的障害,および限局した常同的で反復的な関心と活動の幅によって特徴づけられる一群の障害.程度の差はあるが,これらの質的な異常は,あらゆる状況においてその患者個人の機能に広汎にみられる特徴である.多くの場合,幼児期から発達は異常であり,ほんのわずかな例外を除いて,この状態は生後5年以内に明らかとなる.常にではないが通常は,ある程度の全般的認知機能障害がある.しかしこの障害は個人の精神年齢(遅滞のあるなしにかかわらず)に比較して偏った行動によって定義される.広汎性発達障害の群全体の下位分類については,多少の見解の不一致がある.

一部の症例では障害は,いくつかの医学的な病態に伴っているか,あるいは原因となっているようで,そのうちでは乳幼児けいれん,胎児性風疹,結節性硬化症,脳リピドーシス,脆弱X染色体異常が最もふつうであるしかしながら,この障害は合併する医学的な病態のあるなしにかかわらず,行動的特徴に基づいて診断すべきである.しかし,この病態は別にコード化しなければならない.もし精神遅滞が存在するなら,それは広汎性発達障害に普遍的な特徴ではないので,別にF70 - F79 にもコードすることが重要である.

【出典】「ICD-10 精神および行動の障害 臨床記述と診断ガイドライン 新訂版」(医学書院)

 

F84.0 小児自閉症の診断ガイドライン

F84.0 小児自閉症 Childhood autism

3歳以前に現れる発達の異常および/または障害の存在,そして相互的社会的関係,コミュニケーション,限局した反復的な行動の3つの領域すべてにみられる機能異常の特徴型によって定義される広汎性発達障害.この障害は女児に比べ男児に3倍ないし4倍多く出現する.

診断ガイドライン

通常,先行する明確な正常発達の時期は存在しないが,もし存在しても,それは3歳以下までである.相互的な社会関係の質的な障害が常に存在する.これらは,他者の情緒表出に対する反応の欠如,および/または社会的文脈に応じた行動の調節の欠如によって示されるような,社会的一情緒的な手がかりの察知の不適切さ,社会的信号の使用の拙劣さと,社会的,情緒的,およびコミュニケーション行動の統合の弱さ,そしてとくに社会的一情緒的な相互性の欠如という形をとる.同様に,コミュニケーションにおける質的な障害も普遍的である.これらはどのような言語力があっても,それの社会的使用の欠如,ごっこ遊びや社会的模倣遊びの障害,言葉のやりとりの際の同詞陛の乏しさや相互性の欠如,言語表現の際の不十分な柔軟性や思考過程において創造性や想像力にかなり欠けること,他人からの言語的および非言語的な働きかけに対する情緒的な反応の欠如,コミュニケーションの調節を反映する声の抑揚や強調の変化の使用の障害,および話し言葉でのコミュニケーションに際して,強調したり意味を補うための身振りの同様な欠如,という形をとる.

またこの状態は,狭小で反復性の常同的な行動,関心,活動によっても特徴づけられる.これらは日常機能の広い範囲にわたって,柔軟性のない型どおりなことを押しつける傾向を示す.通常,これは,馴染んだ習慣や遊びのパターンにとどまらず,新しい活動にも当てはまる.とくに幼児期には,ふつうでない物体,典型的な場合は柔らかくない物体に対する特別な執着がみられることがある.小児は,無意味な儀式によって,特殊な決まりきったやりかたに固執することがある.これらは日時,道順あるいは,時刻表などへの関心に関連した,常同的な没頭であることがあり,しばしば常同運動がみられる.物の本質的でない要素(たとえばそのにおいや感触)に特別な関心をもつこともよくある.個人の環境において,いつも決まっていることやそ の細部の変更(たとえば,家庭において飾りや家具を動かすことなど)に抵抗することがある.

これらの特異的な診断特徴に加えて,自閉症の小児が,恐れ/恐怖症,睡眠と摂食の障害,かんしゃく発作や攻撃性など一連の非特異的な問題を呈することがしばしばある.(手首を咬むなどの)自傷はかなり一般的であり,とくに重度の精神遅滞が合併している場合にそうである.自閉症をもった多くの人が,余暇を過ごす際,自発性,積極性,創造性を欠き, (課題自体は十分能力の範囲内のものでも)作業時に概念を操作して作業をすることが困難である.自閉症に特徴的な欠陥の特異的な徴候は成長するにしたがい変化するが,これらの欠陥は,社会性,コミュニケーション,興味の問題というパターンがほぼ同様のままで成人に達しても持続する.診断がなされるためには,発達の異常は生後3年以内に存在していなければならないが,この症候群はすべての年齢群で診断しうる.

自閉症にはすべての水準のIQが随伴するが,約4分の3の症例では,著しい精神遅滞が認められる.

〈含〉自閉性障害,幼児自閉症(infantile autism),小児精神病,カナー症候群

【鑑別診断】広汎性発達障害の他の亜型は別にして,以下のものを考慮することが重要である:二次的な社会的一情緒的諸問題を伴った受容性言語障害の特異的発達障害(F80.2),反応性愛着障害(F94.1)あるいは脱抑制性愛着障害(F94.2),何らかの情緒/行為障害を伴った精神遅滞(F70 - 79),通常より早期発症の統合失調症(F20.-),レッド症候群(F84.2).

〈除〉自閉性精神病質(F84.5)

【出典】「ICD-10 精神および行動の障害 臨床記述と診断ガイドライン 新訂版」(医学書院)

 

 

 

 

診断の手引きの入手

 



 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録

Copyright 2012-2013 Susumu Yoshikawa All Rights Reserved.