自閉症の原因の新説を提示し、治療方法を明らかにします。

自閉症以外の病気と新説の関係

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録

 

【このページの要約】

 

 

「自閉症以外の他の病気と新説の関係」の概要

自閉症を治したいため、自閉症の情報を集めようとされていると思います。ここに掲載した病気は、自閉症を考えるうえで、非常に参考になります。

 

自閉症と同じ原因となる事項が、発達が完了した成人期以降に起こったらと考えてみてください。自閉症の原因が分かったという報道の原因とされている、例えば、有害物質、ホルモン分泌、免疫異常などです。

 

同じ原因であっても、発生する時期、個体の脆弱因子などで、症状が変わるようです。

 

それぞれの病気の中で、根拠となる書籍、根拠となるサイトを紹介しています。

 

 

 

長引くうつ病・統合失調症などの精神障害

 

 

 

 

 

 

線維筋痛症(舌痛症・緊張型頭痛・慢性疲労症候群・むずむず脚症候群・肩こり・腰痛・過敏性腸症候群など)

 

 

 

 

 

 

皮膚の炎症(アトピー性皮膚炎・掌蹠膿疱症・乾癬・脂漏性皮膚炎など)

アトピー性皮膚炎

アトピーとは、「奇妙な」を意味するギリシャ語に由来します。1923年にCocaが原因不明の過敏反応を起こす状態としてこの用語を提唱しました。

 

アトピー性疾患には、アトピー性皮膚炎以外に、アトピー性気管支炎喘息、アレルギー性鼻炎などがあります。

 

アトピー素因(アトピーになりやすい因子、アレルギー体質)は、次の2つです。

 

即時型の反応とともに、遅延型の好酸球の動員・活性化が行なわれます。

 

現代医学では、主に、外用のステロイド(副腎皮質ホルモン剤)が使用されます。

 

 

 

掌蹠膿疱症

 

 

 

 

乾癬

 

 

 

脂漏性皮膚炎は、

常在菌が増える皮膚炎です。

 

 

 

 

これらの原因は分かっていません。

 

慢性扁桃腺炎、虫歯、歯肉炎、金属アレルギー(歯)、毒素、免疫反応の異状などが原因となっていると言う説もあります。

 

この原因となっているものは、自閉症の原因とよく似通っていると思いませんか?

 

免疫反応と腸内環境は密接な関係があります。

 

腸内環境に着目して、毎食後、下記の服用をすると、数ヶ月で軽減する場合が多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アレルギー性疾患(食物アレルギー・花粉症・アレルギー性鼻炎・アレルギー性気管支喘息)

 

 

 

 

 

 

このページの補足情報

うつ病・統合失調症などの精神障害の生物的治療の書籍

下記の本のうち、「栄養・ビタミン療法―栄養による精神的健康の改善」ですが、ビタミンやミネラル以外に、「有害金属の検出と回避」「アレルギーと中毒」など自閉症の本と思うような内容です。

 

 

 

 

掌蹠膿疱症の前橋賢医師の書籍

女優の奈美悦子さんの掌蹠膿疱症の治療をされた前橋賢医師の書籍です。免疫反応、腸内環境、ビオチンのことなどが詳しく書かれています。

 

 

腸内研究の第一人者の藤田紘一郎の書籍

 

 

線維筋痛症の書籍

 

 

乾癬の書籍

 

 

 

メガビタミン療法・栄養療法・分子栄養学の書籍

 

 

 

アトピー関連書籍

腸内環境に着目されています。

 

 

ビオチンやミヤリサンの購入

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録

Copyright 2012-2013 Susumu Yoshikawa All Rights Reserved.