自閉症の原因の新説を提示し、治療方法を明らかにします。

自閉症の参考情報(一般的事項の理解)として、自閉症の一般的な書籍

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録

 

【このページの要約】

 

自閉症の一般的な書籍

自閉症について記載された一般的な書籍です。ここに記載した書籍は、自閉症の一般的な理解に役立つお勧め書籍です。目次を掲載していますから、適切な本を選んでください。

 

 

 

 

 


 

あきらめないで! 自閉症 幼児編 (健康ライブラリースペシャル)
  • 著者:平岩 幹男、価格:¥1,500、出版社:講談社
  • 内容(「BOOK」データベースより)
  • 広汎性発達障害・自閉症は「回復の見込みがない」とあきらめていませんか?「早期療育で、子どもの未来は変わります」。専門医が書いた早期療育の画期的入門書。

  【目次】

 


 

自閉っ子と未来への希望
  • 著者:浅見淳子、価格:¥1,680、出版社:花風社
  • 内容(「BOOK」データベースより)
  • 自閉症の人と一緒に社会に生きて一緒に仕事をする。一般社会人である私たちにもできる発達障害者支援とは?自閉症の人たちと仕事をしてきた編集者が十年という時間の中で気づいたこと。

  【目次】

 


 

自閉っ子、自立への道を探る
  • 著者:服巻 智子、価格:¥1,680、出版社:花風社
  • 内容(「BOOK」データベースより)
  • 自閉症支援の第一人者、トモコ先生が大人になった全国の自閉っ子と語り合い、探る。「自閉症スペクトラムの人が、きちんと自立するためにどんなサポートが必要なのでしょう?」自閉症者と定型発達者の架け橋となる一冊。

  【目次】

 


 

自閉症スペクトラム入門―脳・心理から教育・治療までの最新知識
  • 著者:サイモン バロン=コーエン(Simon Baron‐Cohen)、翻訳:水野 薫,鳥居 深雪,岡田 智
  • 価格:¥1,890、出版社:中央法規出版
  • 内容(「BOOK」データベースより)
  • なぜ男性に多い?脳の構造が違う?様々な「仮説」はどこまで正しい?アスペルガー症候群・自閉症の"知りたいこと"を世界的権威が平易に語る。

  【目次】

 

 

 


 

自閉症の子どもと家族の幸せプロジェクト―お父さんもがんばる!「そらまめ式」自閉症療育
  • 著者:、価格:¥2,100、出版社:
  • 出版社/著者からの内容紹介
  • この本は、ブログで大人気の自閉症児のパパが書いた本です。著者は「自閉症児の子育て・療育は家族で取り組む一大プロジェクト。お父さんはそのプレイーングマネジャーになりましょう」と提案します。そして、家庭でできる自閉症療育の方法を、わかりやすく紹介します。親御さんにとっても、専門家の方にも、きっとお役に立つ本です。

  【目次】

 


 

自閉症の特性理解と支援―TEACCHに学びながら
  • 著者:藤岡 宏、価格:¥2,100、出版社:ぶどう社
  • 出版社/著者からの内容紹介
  • 発達障害専門の児童精神科医が書いた本です。先生方にも、親の方にもわかりやすい。自閉症の人の世界を紹介しながら、自閉症の特性に沿った支援を、どうつくりだしていけばよいか。その方法や工夫を具体的に紹介する。

  【目次】

 


 

ありのままの子育て―自閉症の息子と共に〈1〉
  • 著者:明石 洋子、価格:¥1,785、出版社:ぶどう社
  • 内容(「BOOK」データベースより)
  • いま、川崎市職員として働く、知的発達障害の重い自閉症の明石徹之さんと、彼を育てたお母さんの洋子さんが、NHKテレビの「新日本探訪」と「列島スペシャル」で紹介され、大反響を巻き起こした。「溢れるあの笑顔はどこから?」「どんな子育てをしたの?」その答えが、この本に書かれている。

  【目次】

 


 

自閉症児のための絵で見る構造化―TEACCHビジュアル図鑑 (学研のヒューマンケアブックス)
  • 著者:佐々木 正美, 宮原 一郎 、価格:¥1,995、出版社:学習研究社
  • 内容(「BOOK」データベースより)
  • 本書は自閉症児が自分をとりまいている世界や情報を理解して、安心して自主的に行動し振る舞い、学習や生活することができるようにするためには、どうしたらいいのか、TEACCHプログラムによる構造化の実際がイラストで示されているビジュアル図鑑である。

  【目次】

 


 

自閉症・アスペルガー症候群「自分のこと」のおしえ方~診断説明・告知マニュアル~ (ヒューマンケアブックス)
  • 著者:吉田 友子、価格:¥1,575、出版社:学習研究社
  • 自己肯定感をはぐくむためには、いつ、誰が、どのように説明したらよいのか?周囲と違うと気づき始めた子どもへの"説明という支援"の実践本。子どもに合わせて活用できる説明文テンプレート付き。

  【目次】

 


 

自閉症の子とたのしく暮らすレシピ
  • 著者:佐藤 智子、価格:¥1,680、出版社:ぶどう社
  • 内容(「出版社/著者」より)
  • 自閉症の子のママで、小学校の先生が書いた。自閉症の子とたのしく暮らす手立てや、こつや、ヒントを見開き2ページで、まんが入りで、わかりやすく紹介!

  【目次】
  1. 暮らしで困ったこと、こうしてカイケツ!
    • 嫌がるシャンプーをできるようにするには
    • 寒くても着ないジャンパーを着せるには
    • 「どっち?」と間いたら、選ぶことができた
    • 「ダメ」と言わないで「○○します」と言いかえる
    • 慰めるときは、声をかけないで見守る
    • テレビを家族で仲良く見るには
    • ゲームをやるときの順番を教える
    • テレビの音も、話す声も、ボリューム○で
    • [もっと困っているのは、つばさかもしねない]

  2. 外出で困ったこと、こうしてカイケツ!
    • 苦手な赤ちゃんの泣き声を避けるには
    • 道路を安全に歩けるようにするには
    • 赤信号で止まって待つ間、どうするか
    • 嫌いな床屋さんに、どうやって行かせるか
    • 苦手な歯医者さんに、どうやって行かせるか
    • いつ行けるかを、スケジュールでわかるように
    • [スケジュールが.うまくいかないときは]

  3. ことばでやりとり、できたらいいな
    • 凱持ちを知りたい! 話をしたい!
    • 鼻チョンと「どうぞ」で、ことばを引き出す
    • 大好きなものを見せて、名前を教える
    • ことばかけを、パターン化して繰り返す
    • 挨拶で、ことばのキャッチポール
    • 「お名前は?」「何歳ですか?」で、ことばのやりとり
    • カード字習で、ことぱを増やそう
    • 楽しいときに「たのしい」のことばを教える
    • ことばは誰かに向かって言うんだよ
    • 「それから?」「どっち?」で、一日を振り返る
    • 1語文から2語文・3語文に増やすには
    • [あ、つぱさが自分で、ことばを覚えようとしている!]

  4. トイレ成功までの、なが~いフンセン記
    • オシッコを、一人でできるようになるまで
    • ウンチを、トイレでできるようになるまで
    • [今、トイレ自分でできます。楽になりました]

  5. 課題学習、少しでも伸ばしたい
    • 家での課題学習は、どうやってするか
    • さあ、課題学習をはじめるよ
    • 作業的課題は、ファスナーからボタンへ
    • 力-ド学習で、ものの名前を覚え、世界が広がる
    • 書き取りは自作プリントで、ひらがなから
    • 3輪車から補助輪付き自転単に乗れるまで
    • 補助輪なし自転車に乗れるまで
    • [何かを教えたいときは、まず私が自分で試してみて]

  6. 一緒に遊ぼう!
    • テレビも、ビデオも、大好き!
    • 絵本の読み聞かせから豊かに広がる
    • ゲームのバーチャルから現実の世界へ
    • 家族で遊べる、いろんな遊び
    • カラオヶに行って.歌えたらいいね!
    • 親子で、家族で、体を動かそう
    • [自分の世界にいるつぱさを、遊ぴに誘いこむ]

  7. みんなで出かけよう!
    • 家族で外食を楽しみたいと、ファーストフードヘ
    • ファミレスでも、ちゃんと食事できたよ
    • エレベーターも、タクシーも、余暇にしちゃおう
    • バスや電車に乗るときは、ルールを決めて
    • 案族でテーマパークに行きたいね
    • 帰省で、観光で、家族旅行へ

  8. 一緒に育ててくれた人たち
    • つばさと仲良く育ってきた、お兄ちゃん
    • 愛情と熱意のある先生にめぐりあえた
    • いつも二人で向かい合ってきた、夫
    • 子どもにも、親にも、同じように援岫が必要です

 


 

図解 よくわかる自閉症
  • 著者:榊原 洋一、価格:¥1,575、出版社:ナツメ社
  • 内容(「BOOK」データベースより)
  • 自閉症は、育て方や愛情不足が原因ではない。自閉症の特徴・診断・対応法を正しく理解し、やさしくサポートしよう。治療の中心である「療育」、「行動療法」をイラストとともに、ていねいに紹介。家庭・教育・地域での支援法・対処法について、具体的にわかりやすく解説。

  【目次】

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録

Copyright 2012-2013 Susumu Yoshikawa All Rights Reserved.