自閉症の原因の新説を提示し、治療方法を明らかにします。

自閉症の参考情報(一般的事項の理解)として、高機能自閉症・アスペルガー症候群の書籍

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録

 

【このページの要約】

 

高機能自閉症・アスペルガー症候群の概要の書籍紹介

高機能自閉症・アスペルガー症候群に関連したお勧め書籍を紹介します。目次を掲載していますから、適切な本を選んでください。

 

 

 

 

 


 

高機能自閉症・アスペルガー症候群入門―正しい理解と対応のために
  • 編集:内山 登紀夫,吉田 友子,水野 薫、価格:¥2,100、出版社:中央法規出版
  • 内容(「MARC」データベースより)
  • 高機能自閉症・アスペルガー症候群とは何か。その基礎知識から、学校・家庭での具体的な対処法までを徹底的に解説。正しい理解のためのガイドブック。

  【目次】

 


 

高機能自閉症・アスペルガー症候群及びその周辺の子どもたち―特性に対する対応を考える
  • 著者:尾崎 洋一郎,草野 和子、価格:¥945、出版社:同成社
  • 内容(「MARC」データベースより)
  • 高機能自閉症とその周辺の子どもたちへの理解をはかるとともに、対応や指導のヒントを示す。学習障害や注意欠陥/多動性障害等の軽度発達障害児への指導を基底に、教育現場で行われてきた自閉症児への指導の工夫も紹介する。

  【目次】

 


 

高機能自閉症・アスペルガー症候群「その子らしさ」を生かす子育て 改訂版
  • 著者:吉田 友子、価格:¥1,890、出版社:中央法規出版
  • 「この一冊でOK」とご両親に大好評の育児ガイドを全面改訂。「がまんすることはどうやって教えるの?」「コミュニケーションの意欲をひきだすには?」・・・そんな悩みに具体的に答える。「その子らしさ」を生かしながら発達をサポートするヒントが満載の一冊。

  【目次】

 


 

アスペルガー症候群 高機能自閉症の本―じょうずなつきあい方がわかる (セレクトBOOKS 育ちあう子育ての本)
  • 著者:宮本 信也、価格:¥1,365、出版社:主婦の友社
  • 内容(「BOOK」データベースより)
  • 言葉や知的な遅れがないため、発達障害が見落とされがちなのがアスペルガー症候群や高機能自閉症の子どもたち。小さいときから口が達者で、初対面の人にも平気で話しかけていく、マイペースな行動が目立ち、こだわりが強い…そんな子どもたちの心を受け止めるためには、この発達障害を正しく理解する必要があります。

  【目次】

 


 

高機能自閉症・アスペルガー症候群及びその周辺の子どもたち―特性に対する対応を考える
  • 著者:尾崎 洋一郎,草野 和子、価格:¥945、出版社:同成社
  • 内容(「MARC」データベースより)
  • 高機能自閉症とその周辺の子どもたちへの理解をはかるとともに、対応や指導のヒントを示す。学習障害や注意欠陥/多動性障害等の軽度発達障害児への指導を基底に、教育現場で行われてきた自閉症児への指導の工夫も紹介する。

  【目次】

 


 

アスペルガー症候群・高機能自閉症の人のハローワーク
  • 著者:テンプル・グランディン、ケイト・ダフィー、 監修:梅永 雄二, 翻訳:柳沢 圭子 (翻訳)
  • 価格:¥1,890、出版社:明石書店
  • 内容(「BOOK」データベースより)
  • 自閉症スペクトラムの人がその能力を十分に生かしながら適職を見つけるための仕事の考え方、障害のとらえ方などをわかりやすく解説。保護者や進路担当教師、ハローワーク職員、障害者職業カウンセラー、ジョブコーチなどにも役立つ「職業ガイダンス」―。

  【目次】

 

 

 

 

 


 

高機能自閉症児を育てる (小学館101新書)
  • 著者:高橋 和子、価格:¥777、出版社:小学館
  • 内容(「BOOK」データベースより)
  • 「3歳になっても話せるようにはなりません」と言われた自閉症の息子を母は精魂こめて支え続けた。よき師、よき理解者、よき支援者に出会い、T君は自閉症をもちながら彼らしく育っていった。現在、京都大学大学院前期課程在籍。前例のない20年間の取り組みを紹介する。

  【目次】

 


 

高機能自閉症―誕生から就職まで
  • 著者:内藤 祥子、価格:¥1,890、出版社:ぶどう社
  • 出版社/著者からの内容紹介
  • ことばが出ないと心配だった息子が、小五の時に「高機能自閉症」と診断され、今は二〇歳に! 小学校・中学校と、安心できる学校を探し続け、高校では就職をめざして、勉強に、部活に、がんばる。卒業後は、仕事に、趣味に、充実した青春! 母と子のあゆみを克明に綴る、感動の記録。

  【目次】

 


 

大人のアスペルガー症候群 (こころライブラリー イラスト版)
  • 監修:梅永 雄二,佐々木 正美、価格:¥1,365講談社、出版社:
  • 内容紹介
  • うまく生きられないのは、障害があるため? 社会に出てからアスペルガー症候群で苦しんでいる人は多い。本人は仕事ができず、友だちが作れずに悩んでいる。障害のもつ特性が、どう心に影響するかを徹底解説

  【目次】
  1. なぜうまく生きられないのか
    • アスペルガー症候群
    •   よくも悪くも目立つ、三つの特性
    • 行動特徴
    •   会話ができているようで、できていない
    • 行動特徴
    •   社会性がなく、失礼な言動をする
    • 行動特徴
    •   想像力に乏しく、応用がきかない
    • どう考えるべきか
    •   こころの病気ではなく、脳機能のかたより
    • どう考えるべきか
    •   困難を放置すると、こころの問題に


  2. 人にあわせられない疎外感
    • 付き合いの悩み
    •   友達のつくり方がわからない
    • 付き合いの悩み
    •   誘いをうまく断れず、険悪になる
    • 子ども時代は
    •   少数の友達とだけ、仲がよかった
    • 付き合いの悩み
    •   真剣なのに、恋愛が長続きしない
    • どう考えるべきか
    •   付き合いの幅を無理に広げない
    • どう考えるべきか
    •   嘘をつけない素直さを大切に
    • 集団での孤立感
    •   人と同じようにできず、悩んでいる
    • 集団での孤立感
    •   余計なことを言って、浮いた存在に
    • 子ども時代は
    •   いじめにあい、人間関係に悩んだ
    • 集団での孤立感
    •   興味のないイベントは楽しめない
    • どう考えるべきか
    •   ルールやマナーをマニュアルで学ぶ
    • どう考えるべきか
    •   ひとりで動ける行動力をいかす
    • column 友人に頼みたいこと
    •   悪意がないことを知ってもらう


  3. 職場に定着できない無力感
    • 仕事への無力感
    •   指示されないと、自分からは動けない
    • 仕事への無力感
    •   「努力がたりない」と言われてつらい
    • 学生時代は
    •   天才肌で、得意科目に自信があった
    • 仕事への無力感
    •   融通がきかず、ひんしゅくをかう
    • どう考えるべきか
    •   指示があれば、期待に応えて働ける
    • どう考えるべきか
    •   規則正しい行動を仕事につなげる
    • 会話の戸惑い
    •   人と対面する仕事は強いストレスに
    • 会話の戸惑い
    •   お詫びやお礼がすぐに言えない
    • 学生時代は
    •   言葉づかいの悪さをよく注意された
    • 会話の戸惑い
    •   電話の相手が怒ったわけがわからない
    • どう考えるべきか
    •   失言をおそれず、正直にたずねる
    •   どう考えるべきか
    •   常識にとらわれない発想を力に
    • column 同僚に頼みたいこと
    •   独特の行動への理解を求める


  4. 誤解と非難がもたらす劣等感
    • 誤解
    •   家族が障害と認めないことに苦しむ
    • 誤解
    •   「態度が悪い」「変わり者」だと思われる
    • 誤解
    •   アスペルガー症候群は犯罪の原因なのか
    • 二次障害
    •   非難され続けて、劣等感や絶望を抱く
    • 二次障害
    •   うつ病や強迫性障害を発症することも
    • 二次障害
    •   自暴自棄になり、ひきこもり状態に
    • どう考えるべきか
    •   二次障害は対応次第で防げること
    • column 家族に頼みたいこと
    •   障害にいっしょにとりくんでいく


  5. 支援を受けると、生活が安定する
    • 生活支援
    •   アスペルガー症候群を理解してもらう
    • 生活支援
    •   療育手帳や福祉手帳は取得できるのか
    • 就労支援
    •   支援センターを利用して適職をみつける
    • 就労支援
    •   「ジョブコーチ」を派遣してもらう
    • 就労支援
    •   職業能力の判定を受けて、自分を知る

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録

Copyright 2012-2013 Susumu Yoshikawa All Rights Reserved.