自閉症の原因の新説を提示し、治療方法を明らかにします。

自閉症の参考情報(一般的事項の理解)として、自閉症のかたが執筆された書籍

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録

 

【このページの要約】

 

自閉症のかたが執筆された書籍紹介

自閉症のかたが執筆されたお勧め書籍を紹介します。目次を掲載していますから、適切な本を選んでください。

 

 

 

 

 


 

自閉症の僕が跳びはねる理由―会話のできない中学生がつづる内なる心
  • 著者:東田 直樹、価格:¥1,680、出版社:エスコアール
  • 内容(「出版社」より)
  • 千葉県立君津養護学校中学2年(当時)の著者が自閉症について 「どうして目を見て話さないのですか?」 「手のひらをひらひらさせるのはなぜですか?」等50以上の質問に答えます。 巻末には短編小説「側にいるから」を掲載しています。この小説は著者の家族に対する愛情に満ちあふれた内容です。

  【目次】

 


 

自閉っ子、こういう風にできてます!
  • 著者:ニキ・リンコ、藤家 寛子、価格:¥1,680、出版社:花風社
  • 内容(「MARC」データベースより)
  • 高機能自閉症やアスペルガー障害は「見えない」障害であるゆえに、理解されにくい。自閉の翻訳家と作家が「雨が当たると痛い」というような独特の身体感覚や、世界観、生活方法について語る。

  【目次】

 


 

俺ルール!―自閉は急に止まれない
  • 著者:ニキ・リンコ、価格:¥1,680、出版社:花風社
  • 内容(「MARC」データベースより)
  • 自閉っ子のフシギな振舞いにはリッパな理由があった! 一抹の真実が含まれた「俺ルール」の仕組みとは? 自閉脳の奥深さに迫る爆笑エッセイ。

  【目次】
  1. 俺ルールの定義
  2. マンガ 俺ルールな日々(1)
  3. マンガ 俺ルールな日々(2)
  4. おまわりさん
  5. 春になったら
  6. そうじ当番
  7. 雨でも水やりの話
  8. ピンクのリボン
  9. 自閉都民
  10. ラビオリエラー
  11. 音楽教室は四階
  12. 無印ファスナー
  13. マンガ 俺ルールな日々(3)
  14. 東洋陶器
  15. 入力欄
  16. アイス
  17. 選択
  18. 動いたら
  19. 小脳説
  20. 焼肉
  21. 記憶と編集力
  22. 六角と砂嵐
  23. 地域限定
  24. 期間限定
  25. タイムスリップ
  26. 「悪」のいろいろ
  27. マンガ 俺ルールな日々(4)
  28. マンガ 俺ルールな日々(5)

 

 

 

 

 


 

地球生まれの異星人―自閉者として、日本に生きる
  • 著者:泉 流星、価格:¥1,680、出版社:花風社
  • 内容(「MARC」データベースより)
  • 小さい頃からいじめに苦しみ、一流大学を卒業しながら引きこもりとなった著者は、30代になって初めて自分が「自閉症」であると知った。様々な苦しみを味わいながらも自閉症の診断をきっかけに立ち上がろうとする魂の記録。

  【目次】

 


 

僕の妻はエイリアン―「高機能自閉症」との不思議な結婚生活 (新潮文庫)
  • 著者:泉 流星、価格:¥460、出版社:新潮社
  • 内容(「BOOK」データベースより)
  • しばしば噛み合わなくなってしまう会話。「個性的」を通り越し、周囲の目を忘れたかのような独特の行動。ボキャブラリーも、話題も豊富な僕の妻だが、まるで地球人に化けた異星人のようだ…なぜ?じきに疑問は氷解する。彼女はアスペルガー症候群だった。ちぐはぐになりがちな意識のズレを少しずつ克服する夫婦。その姿を率直に、かつユーモラスに綴った稀有なノンフィクション。

  【目次】

 


 

自閉症だったわたしへ (新潮文庫)
  • 著者:ドナ・ウィリアムズ(Donna Williams)、翻訳:河野 万里子、価格:¥820、出版社:新潮社
  • 内容(「BOOK」データベースより)
  • わたしってそんなに「変でおかしな子」なの?幼い頃から、周囲の誰ともうまくつきあうことができず、いじめられ、傷つき苦しみ続けた少女―。家族にも、友達にも、学校にも背を向け、たった一人で自分の居場所を求めて旅立った彼女が、ついに心を通い合わせることができる人にめぐりあい、自らの「生きる力」を取り戻すまでを率直に綴った、鮮烈にきらめく、魂の軌跡の記録。

  【目次】
  1. 魔法の世界と 「世の中」 と
  2. キャロル
  3. 学校
  4. 友達
  5. あべこべの世界
  6. 十二歳
  7. 迷子
  8. ウィリーの儀式
  9. ダッフルコート、ピアノ、レポート
  10. 独立
  11. 引っ越しばかりの人生
  12. メアリー
  13. 復学
  14. 過去の亡霊
  15. 触れ合い
  16. 闘争と逃走
  17. 海へ
  18. 再び、海へ
  19. 最後の闘い
  20. 本当の居場所




このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録

Copyright 2012-2013 Susumu Yoshikawa All Rights Reserved.